コンクリートを学ぶ
技術・工法の知識
家造りの知識

住宅工法の種類と特長

2009.04.09

in_img_01.jpg



コンクリート壁式工法

構造体を構成するところに鉄筋を配し、そのまわりに型枠を作りそのなかにコンクリートを流し込んで壁、床、スラブを作る。現場打ちコンクリート工法ともいう。コンクリートは圧縮には強く引張りには弱い。逆に鉄筋は圧縮には弱く引張りには強い性質を持っている。木造と比較するとコストはかかるが、耐久・耐震・耐火・防音などの性能が優れ、都市部の密集地域には最適な構造とされる。

壁式構造の特長

  • 耐震性、耐火性、耐久性に優れている。
  • 設計の自由度が高い。
  • 建物重量が大きいため大きな耐力の支持地盤が必要。
柱や梁に頼らずに壁や床・天井などの面の構造体のみで構成する工法なので
水平加重に強い。


PCパネル工法

工場でコンクリートパネルを製造し現場で接合して構造体をつくる工法。部材は規格化され、工場で品質管理されているので品質が統一。他の工法に比較して工期も短い。


ALC工法

ALC造のALCとは「オートクレーブトライトウェートコンクリート(autoclaved lightweight aerated concrete)」の略で、軽量気泡コンクリートの事を指す。このコンクリートを使用して、工場生産した鉄筋コンクリートパネルを面材として建物を建築する工法。
 PC造と同じく工場生産されたコンクリートパネルだが、このパネルは基本的にサイズが規格化されており、PC板よりも安価である。その為一般的には中低層建築物に使用される。また、ALC板もそれのみで構造体を建築する事はできず、何らかの軸と組み合わせる必要がある。
 ALCは通常のコンクリートに比べ、軽量で耐火性・防音性・断熱性に優れているが、吸水性が高く、水分を吸ってしまうと防音性・断熱性が低下するので、外壁などに使用する場合はシーラーをはる等、何らかの対策を施さなければならない。また、耐力壁としては使用できない。


コンクリートラーメン工法

ラーメン構造の名称は、ドイツ語の[Rahmen (ラーメン)](「枠」の意味)に由来しています。
柱と梁を固定する工法。
梁と柱の各接点(2以上の部材の接合する部分)において、部材が剛接合されている骨組みを指し、外力に抵抗させる構造から、「剛節架構」ともいいます。柱と梁とが一体となることにより、鉛直荷重だけでなく、水平荷重にも抵抗できます。


SRC工法

SRC造のSRCとはSteel Reinforced Concreteの事。鉄骨で骨組みを作り、その周囲に鉄筋コンクリートを被せて主要な構造体を作成する。こうして作成した構造体に床や壁をはめ込み、建物を建築する工法。
 鉄骨の剛性・コンクリートの圧縮に対する強さ・鉄筋の引張力に対する強さを兼ね備え、抜群の強度を持ち、耐久性・耐震性にも大変優れている。さらに、非常に強固なので設計の自由度も高く、柱の間隔を広く出来るので、開口部を大きく取る事が可能。

もっと学びたい

家造りの知識

おすすめメニュー Pick Up

  • 技術・工法の知識
  • 家造りの知識
  • con-sa 住まい相談
  • 私の住まい自慢
  • RC BLOG
  • 登録企業リスト
  • 家について伺いました
  • 達人に聞く
  • 企業登録
  • ご相談受付中

con-saメールマガジン

メルマガ登録する

お得な住まい情報各種プレゼント。